CONNECT
TO THE
FUTURE

次世代に繋げる
安全なインフラ

MESSAGE

メッセージ

100年先の未来でも活躍できる
インフラの整備を

国土を山や海に囲まれた日本にとって重要なインフラの土木構造物、既存の橋梁や擁壁を長く安全に次世代に引き継ぐためには調査・補修設計・点検が必要不可欠です。当社は土木構造物を中心とした点検や調査などの保全調査に特化した技術者集団。各種構造物の調査から近年需要の高まる道路ストック点検や災害時の被害軽減を図る各種防災点検、河川砂防、漁港、港湾の点検にも対応しています。
また、非破壊検査やコンクリート診断などの特殊点検業務のご提案などの幅広い分野で課題解決に向けたお手伝いもさせていただいております。100年先も安全に利用できるインフラ整備に向けて最適な補修案のご提案と技術の提供を心がけています。

DRONE APPLICATION

ドローンの活用

ドローン活用で
インフラ点検に変革を

ドローン

現在、TVや映画などの映像業界に留まらず産業分野でのドローン活用が可能になってきました。2012年12月の笹子トンネルでの天井崩落事故を機に義務化されたインフラの点検は膨大な数にのぼります。それらを全て人の手で点検することは難しくドローンなどの活用による効率化に注目が集まっています。

国土交通省登録管理団体JDA(一般社団法人日本ドローン協会)

国土交通省登録管理団体JDA認定のドローン資格保持者が在籍

国土交通省登録管理団体のJDA(一般社団法人日本ドローン協会)による検定にて事業用技能証明書(2級)を取得したスタッフが在籍。協力団体にはインストラクター技能証明書(1級)の取得者もおり、国土交通省へのドローンの飛行許可申請や飛行計画の作成、撮影までをトータルにサポートします。

MERIT

ドローンを使用するメリット

コストカット

コストカット

案件により足場や橋梁点検車が不要となり、コストカットに繋がります。

工期短縮

工期短縮

目視点検に比べ短時間で点検が可能な場合が多く、工期の短縮につながります。

立入困難エリア点検

立入困難エリア点検

ダムや堤防などの立ち入りが困難なエリアでの撮影も可能です。

WHAT WE DO

ドローンを使用した業務の一例

FROM THE SKY

空撮

建設工事の着工・完成や工事進捗などの広域写真撮影。また、記録動画などの撮影も可能です。

FROM THE SEA

海上からの撮影

小型船舶で行なっていた防波堤や護岸の目視点検を短時間、低コストで行うことができます。

VISUAL INSPECTION

インフラ目視点検

港湾、漁港、砂防ダム、橋梁など各種構造物の高所撮影やひび割れ・剥離箇所などの確認が可能です。

空撮、海上からの撮影、インフラの目視点検以外のドローンを活用した業務についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

MOVIE SAMPLE

動画サンプル

PHOTO SAMPLE

写真サンプル

※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

ドローン写真サンプル

ドローン写真サンプル

ドローン写真サンプル

ドローン写真サンプル

ドローン写真サンプル

ドローン写真サンプル

お問い合わせ

CERTIFICATION

JDAドローン資格講習・検定の開催

企業様ごとにJDAドローン資格講習・検定を開催可能です!

協力団体との連携により国土交通省登録管理団体 一般社団法人日本ドローン協会主催のドローン講習を企業様ごとに開催可能です。詳細はお問い合わせください。

講習概要

取得可能資格 自家用技能証明書(3級)
事業用技能証明書(2級)
※2級は3級合格者のみ受講可能です
※3級、2級の同時取得はご相談ください
最少催行人数 3名/1企業内
講習内容 3級:学科講習・試験、技能講習・試験
2級:技能講習・試験
必要日数 3級:2日間/2級:1日
協力 一般社団法人日本ドローン協会 宮城県支部

お問い合わせ

SERVICE

業務内容

土木構造物を中心とした防災点検業務および道路ストック、河川砂防、漁港、港湾の点検業務、各種構造物の調査。非破壊検査やコンクリート診断などの特殊診断業務も対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

SERVICE

1

RIVER&SOIL EROSION CONTROL

河川砂防点検

河川と砂防施設の現在の状況を観察し、必要な調査内容、様々な劣化の可能性を判断いたします。また、必要な箇所の詳細点検を行います。

主な対応構造物

  • 河川砂防・樋門・樋菅
  • 砂防堰堤

DISASTER PREVENTION INSPECTION

防災点検

橋梁および各種構造物の状況を表面的に観察。現在の状況を把握し、必要な調査内容、様々な劣化の可能性を判断いたします。

主な対応構造物

  • 橋梁点検・診断
  • 道路防災点検
  • 道路のり面工・土工構造物点検
  • 大型BOXカルバート点検
  • ロックシェッド・スノーシェッドの点検
  • 河川管理施設点検
  • 港湾・漁港施設点検

SERVICE

2

SERVICE

3

ROAD STOCK

道路ストック点検

人工構造物の状況を表面的に観察し把握することで必要な調査内容、様々な劣化の可能性を判断いたします。

主な対応構造物

  • 道路構造物(標識・照明灯・横断歩道橋など)
  • BOXカルバート
  • 地下道
  • 擁壁・のり面

PORT

漁港・港湾点検

漁港や港湾施設の点検を行い、必要な調査内容、様々な劣化の可能性を判断いたします。また、必要な箇所の詳細点検を行います。

主な対応構造物

  • 港湾・漁港施設
  • 桟橋
  • 岸壁

SERVICE

4

SERVICE

5

INVESTIGATION

各種構造物の調査

調査機器や特殊技術等を使用し、原因や劣化具合を調査。劣化原因を科学的に究明し、必要な改修案のコンサルティングも行います。

主な対応構造物

  • コア採取
  • 斫り調査
  • RCレーダーによる鉄筋調査
  • コンクリート強度試験
  • 塗膜調査(採取、分析)
  • 剥離調査(工法比較提案)
  • 鋼材の腐食度調査

RESULTS

実績

2018年の主な実績

SCROLL

業務種別 発注者 内容 備考
補修設計 秋田県 橋梁補修設計 鋼桁橋
秋田県 橋梁補修設計 箱桁橋
宮城県 橋梁補修設計 プレートガーダー橋(桁橋)
山形県 橋梁補修設計 鉄筋コンクリート橋
調査業務 秋田県 橋梁調査 コア採取、鉄筋探査、圧縮試験
秋田県 橋梁調査 コア採取、一軸圧縮試験、中性化試験
市町村 標識支柱補強工事 支柱基部巻き立て補強工事
札幌市 橋梁調査 損傷状況の確認業務
岩手県 橋梁調査 3径間連続鋼下路式トラス橋×2連 塗膜調査・超音波探傷調査
秋田県 門型橋梁調査 コア採取、鉄筋探査、塩分含有量試験
宮城県 橋梁調査 コア採取、鉄筋探査、はつり調査
宮城県 橋梁調査 塗膜調査
NEXCO 橋梁調査 高速道路塩害調査
点検業務 神奈川県 河川砂防点検 3箇所
宮城県 橋梁点検 7橋 / BT-200
市町村 橋梁点検 122橋
秋田県 道路付属物点検 188基 / 標識点検
秋田県 道路付属物点検 210基 / 照明灯点検
国交省 道路付属物点検 700基 / 標識・照明灯点検
宮城県 河川砂防点検 L=20km、L=15km、L=10km
市町村 橋梁点検 20橋

2017年の主な実績

SCROLL

業務種別 発注者 内容 備考
補修設計 千葉県 橋梁補修設計 2径間連続鈑桁橋
宮城県 橋梁補修設計 鉄筋コンクリート単純床版(スラブ)橋×2連
宮城県 橋梁補修設計 単純鈑桁橋
秋田県 橋梁補修設計 コンクリート桁橋
調査業務 宮城県 橋梁調査 コア採取、鉄筋探査、はつり調査
秋田県 橋梁調査 コンクリート調査、塩分含有量採取、アル骨試験
福島県 橋梁調査 変状調査、コンクリート調査
秋田県 橋梁調査 7橋、耐久性調査試験、コア採取、はつり調査
宮城県 橋梁調査 コア採取、鉄筋探査、はつり調査
NEXCO 橋梁調査 高速道路調査 / コア採取、鉄筋探査、塩分含有量調査、アル骨試験
点検業務 市町村 橋梁点検 15橋 / 梯子、BT-200
国交省 門型標識点検 11橋 / 高所作業車
宮城県 橋梁点検 7橋 / BT-200
福島県 橋梁点検 26橋 / BT-200、BT-400
国交省 門型標識点検 12基 / 高所作業車
国交省 溝橋点検 37橋 / BOXカルバート
東京都 橋梁点検 1橋 / 高所作業車
北海道 橋梁点検 ハイピア、ロープアクセス

OUTLINE

会社概要

会社名 アローテック株式会社
設立 2016年3月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 針生 光紀
所在地 〒983-0043 宮城県仙台市宮城野区萩野町2丁目11-13
TEL 022-349-4347
FAX 022-349-4348
事業内容 道路付属物の防災点検・調査、道路ストック点検、河川砂防点検、漁港・港湾点検、各種構造物の調査

CONTACT

お問い合わせ

会社名
お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
website
お問い合わせ内容

は必須入力となります

迅速な回答を心がけていますが、お問い合わせ内容によっては回答に時間がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。お急ぎの場合は、お手数ではございますがお電話にてお問い合わせください。

お電話&FAXでのお問い合わせ

022-349-4347

022-349-4348

平日9:00~17:00 ※土曜・日曜・祝日は休みをいただいております。

ページトップへ

TOP